ABOUT ME

= Japanese & English =

DAYZE / deiz / デイズ >>> Yusaku Horii & Ryosuke Horii

 

私達のやっている事や言っている事は決して正しい訳ではない。

なぜなら私達はまだまだ青く未熟な生き物である。

ただその日々の中で心が揺さぶられて弾ける小さな閃きを光に今日も手探りをしながら私達は明日へと向かう。

その中で自分達の生活フィルターを通して誕生した新しい一つの存在がDAYZEである。

私達は一つの存在に一人一人に世界観と夢と現実そして驚きがありその素晴らしい世界観があるのにもかかわらず

一つの世界観を押し付けてまで一つにしたいと言う考えはまったく持っていない。

ただ一つの存在として一つでも彼方の心の目に私達の生きている姿が目に止まり心に触れる事が出来たとしたのならとても嬉しい。

DAYZEは、私達と彼方その彼方と彼方を繋げる一つの存在でありたい。

これから起こり行く出来事から私達が現実の中に生きているのか...夢の中に生きているのか...はたまた夢中の宇宙を彷徨い続けているのか...どうなのか...明確になって行くであろう。

そしてDAYZEと言う一つの存在はこの世に命を授かった夢と情熱をもつ2人の生きる日々そのものである。

全ては生きるこの現実世界にあるように全ては生きるこの夢の世界にもあるのだと私達は信じている。

いつか終わってしまうこの閃きの旅は今日も心の中を前向きに地図も無く彷徨い続けて行く。

さあ旅を続けよう生きる道は違えど自分が思い描くそのピリオドの先へ。

let`s do it.

 

 

We know that we are not on the right track always. What we do, and what we say. It’s not always right.
Just because we are still immature human being.

But we live our own times and move on to tomorrow with the light popped out from our mind rambling.  

The path is still dark, but we do have the light.

The new element that came out from our filter of daily life., that’s the DAYZE.
“Making our each existence into the one big thing.” You just might wanna use your own brain to see if   it’s right or not.

We all have each vision, dreams, reality, and surprises. We are not saying that we should throw those   away and get everything together into one same thing.

But we will be happy if we came across to your life as one of the element to your mind.

DAYZE would be the connection between us and future, and future comes after.

Weather if we live in our dreams or real, or just we are gonna be wondering around dream land,, it will be   clear as we facing with future events.

And DAYZE is our days. Two of us who has dream and passion to live this world.

We believe that everything exist in this dream world, just like everything exists in this real world.
This flash journey will be ended eventually, but for now, we just wonder around in our mind without any map.

So why don’t we keep on traveling. Even if we have different directions, our journey goes over the   period that we picture. let`s do it.

 

 

Translated by Kenji Kato / SCRATCH PAPER WORKS